Masa安藤の「アラスカで独り言」



氷河の洞窟トレック紀行


d0143907_06310053.jpg
先週木曜日にジュノー郊外にあるメンデンホール氷河の洞窟へのトレッキングツアーに参加同行した。

これは最近ユーチューブ動画などで騒がれている「氷河の洞窟」とか「青の洞窟」とか呼ばれている場所へ行くトレックだ。

d0143907_06270496.jpg
薄曇りの朝、クルーズドックにあるケーブルカー乗り場近く(C Sign) に集合し、バンに乗って出発。


今回はカリフォルニアから来た3人家族(14歳の男の子と夫婦)そして3名の我々日本人グループの合計6名。
















d0143907_06382703.jpg
ガイドは力強そうだけど可愛いケイシー。


ドックから車で約15分のドライブの後、メンデンホール氷河この西側(キャンプ場のある方)の駐車場に車を停めて、ここから出発する。


d0143907_07582738.jpgd0143907_06333427.jpg









































ヘルメット、ハーネス、ウォーキングポール、スナック、水ボトルが入ったデイパックを支給され、中身を確認、そして自分の持ち物(フリースや持参のお菓子など)を入れていると、黄色いジャケットを着た団体が同じようなバンで到着する。


彼らはオールを持っているから、トレイルをハイクする代わりにカヌーで湖を漕ぎ渡るグループだ。

カヌーだと45分から1時間で行くコースを、トレックではかなりのアップダウンを2時間ほどかけて歩くということなので、カヌーで行くほうがずっと楽らしい。歩くのに慣れていない方はカヌー&トレックがオススメ。


d0143907_06345558.jpg
d0143907_06363876.jpg
準備万端整えていざ出発!!



トレイルヘッドを入り、森の中をしばらく行く。





























d0143907_06375889.jpg

広かった道は徐々に狭く細くなり、


氷河が削った岩の上を登ったり、滑りやすい一枚岩を下ったり、急峻な崖を登ったり降りたり、
d0143907_07165189.jpg
d0143907_07155512.jpg



d0143907_06472434.jpg
























崖っぷちの細道を歩いたり、岩のゴツゴツ出ている急な上り坂を行く。













アメリカンなペースのガイドのケイシーはの結構なハイペースでどんどん進んで行く。日本のグループならトレック開始15分はゆっくり歩いて、休憩するところだが、彼女は最初からどんどん歩いて休憩は1時間ほど後だった。


それからは30分ごとくらいに休憩をしたが、氷河に到着する少し前の見晴らしの良い場所でスナック休憩(トイレは藪に隠れてする方式)。

そこからは緩やかな下りで、下りきったら氷河へと向かう瓦礫の道なき道。




遠くに氷河のトンネルらしきものが見えると皆の興奮は高まる。
d0143907_06493338.jpg



氷河の洞窟を前にケイシーが注意事項を皆に伝える。「青色の薄いところは氷や石が落ちてくる可能性があるので絶対に近寄らないように」とか「上が黒いところも岩が隠れているからなのでその下を避けて歩くように」など。



みんなで一列になっていざ出発!ワクワクする瞬間だ。


d0143907_06523876.jpg
そして氷河のトンネルと、

d0143907_07085377.jpgd0143907_07080019.jpg

























d0143907_07090919.jpg









d0143907_07101656.jpg



































その後ろにある洞窟、

堪能しました。











トンネルを抜けるとそこは雪国だった…と言いたいところだが、そこは氷国だった。

d0143907_07104578.jpg

そこでクランポン(アイゼン)を履いて今度はアイゼンを履き方、アイゼンを履いての歩き方講習を簡単に行い、氷河の散策へ。

d0143907_07124421.jpg
氷河の上を歩いてクレバスを見学し、氷の坂を登ったり降りたりしてから、
d0143907_07140823.jpg

今くぐってきた氷河のトンネルの上を歩いて戻るって寸法である。
d0143907_07145195.jpg











楽しい氷上での遊びの時間はあっという間に終わりを告げ、今度は元来た道を帰る。

午前10時30分にドックに集合し、戻ってきたのは午後4時だった。



d0143907_07173545.jpg


タラバとビールで無事の帰還を祝いながら夢のような半日を3人で回想する、これも楽しい時間!


[PR]
# by 814690 | 2017-06-22 08:26

12月の海岸お散歩 Taking A Walk Around My House  

I took a walk around my neighborhood on this sunny beautiful Sunday afterenoon.

今日は気持ちのいい晴天の日曜日。日本は師走の忙しい時期と思うが、アラスカの田舎は至って平穏。こんな時に街に出ると、クリスマスショッピングの喧騒に巻き込まれて大変な目にあうのがオチ。

それに最近日照時間が激減していて、太陽にあたる時間が少なくなっているので、陽の当たる短い時間を利用して、ちょっと散歩に出かけた。


d0143907_10131493.jpg まずは自宅から道路脇の歩道を歩いて、近くの海浜公園まで。






外気はマイナス18度なので、少し深めに息を吸い込んでも、まだ鼻毛が凍るほど寒くはなく、雪を被った歩道の上を歩いていると少し汗ばむくらい。

でもさすがに屋外を散歩している人たちは少ない。

お天気いいのにな〜・・・・・。




d0143907_1022342.jpg





ここが自宅から徒歩15分ほどにある海岸線の公園。といっても、この辺りにやって来る野鳥などを説明する看板がある以外はほとんど何もない(柵さえない)。

だからここが公園なんて地元民でなければ誰も思わないわけだ(だからいつ来ても空いてていいいのだ)。







d0143907_10164017.jpg




そこから海に降りて、凍った海の上をお散歩して自宅近くの陸地まで海から帰る。

途中で、雪原に字を書いてみたり、寝っ転がって自分の姿の形に跡をつけたりしながら、誰にも会うことなく、1時間ほどを過ごした。




d0143907_1020241.jpg



南向きの午後12時半少し過ぎだが、太陽はこんなに低い。あと10日で冬至だもんね。

それまでまだまだ日照時間は短くなるわけだ・・・。

それでもみなさまが、平穏で安全な年の瀬と素晴らしい新年を迎えられることを、このアラスカの太陽に心からお祈りしておきました。




散歩の模様はフェイスブックにアップしておりますので、こちらもお楽しみくださいませ!

https://www.facebook.com/masayasu.ando.alaska/posts/1301108943260659?notif_t=feedback_reaction_generic¬if_id=1481504223492151

と、こんな短いお散歩の間でも、

「あ〜、本当にアラスカはうつくしいなぁぁぁぁぁあぁぁ〜〜!!(しあわせだなぁぁあぁぁぁ〜)」

なんて、感じてしまう午後のひと時でした。
[PR]
# by 814690 | 2016-12-12 10:43

アンカレジ国際空港

アラスカファンの皆様、お待たせしました。

しろくま安藤の独り言の時間です。本当にお久しぶりですね。

最近独り言がめっきり減ってしまってすみません。

20周年をむかえてから、今後のことなどいろいろ考えすぎてしまって....。
でも最近、池井戸潤の小説「下町ロケット」を読んで、また自分の仕事の目的を再認識させられました。

それは、「アラスカへの旅を夢見る人たちのために、その夢を実現させるための手助けをする。そしてその人たちがアラスカに来ている間は、安全で楽しい旅になるようにできるだけのことをする」です。

下町ロケットの小説に出てくる、「佃製作所」はモノづくりにかけるその情熱を原動力にして、技術力の高い製品を作り、それを使う人々に幸せをもたらす。

 HAIしろくまツアーズは、アラスカへの愛を原動力にして、アラスカの達人と呼ばれる深い知識と経験でアラスカの旅のサポートをし、アラスカを訪れる人たちにたくさんの充実感を感じてもらうために全力を尽くす。

ということでみなさん、これからもどうぞよろしく!!!



さて、今日のお話はアンカレジ国際空港です。

アンカレジの空港はゲート内のお店が結構増えてきて、楽しくなりました。


まず、Cゲート方面(アラスカ航空)で寿司レストランが最近開店しました。BとCゲートに行くセキュリティを抜けたところにはNorton Sound というシーフードのお店もあるし、さらにCゲートにはフェアバンクスの地ビール「シルバーガルチ」のお店(もちろんレストラン)があるので、フェアバンクスの本店さながらの美味しい食事が楽しめます。


これらのレストランもアンカレジ空港に来たらぜひ試してみてくださいね!!



さて、昨日ヤフーに以下のような記事が出ているのを発見しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00010002-norimono-bus_all

これを読まれた方は、レストラン情報に誤りがあることに気づかれましたか?


d0143907_11171689.jpg「世界的コーヒーチェーンの支店」はスタバですが、


開店予定とされている寿司屋はすでに営業されていますので、かなり古い情報を基にこの記事が書かれていることがわかります。現地取材などまずしていませんね。

それ以外にもこの記事、結構誤解を招く書き方をしているので、お気をつけください。


d0143907_10561784.jpg 実はアンカレジ空港にはサウスターミナルとノースターミナルがあるのですが、このヤフーの記事に書かれているレストランに関する内容は、国内線が離着陸するサウスターミナル内のことに限られています。

そして日本からの直航便などが主に離着陸する(このヤフーの記事で紹介されている)国際線のノースターミナル側には店はなく、イミグレーション、税関、エアポートポリスのオフィス、(主に貨物を扱う)外国の航空会社のオフィスが幾つかあるだけです。

ですからノースターミナル内は通常はとても静かなのです。



ちなみに2016年にアンカレジ空港のノースゲートに来る予定の国際線フライトは1年の合計がたった18本だけということなのです。

サウスゲートは大変賑わっていて、1日に何十本ものフライトが離着陸するのに、その歴然とした差は本当にもったいないと思います。どうしたらもっとノースターミナルが活用できるのでしょう。



d0143907_10573810.jpgただ、それだけに映画の撮影などはしやすいようで、ニコラス・ケイジとジョン・キューザック主演のアラスカを舞台にしたサスペンス映画「フローズン・グラウンド(2013年)」の最後のアンカレジ空港のシーンは、賑やかなサウスターミナルではなく、閑散としたノースターミナルでした。


それなのにこのヤフーの記事にはターミナルの説明がなく、誤解を招きやすいと思うのです。


d0143907_11232332.jpgあと、アンカレジ国際空港が「テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港」になったのは西暦2000年なので、アンカレッジ経由便が飛んでいた時代には単に「アンカレッジ国際空港」という名称でした。

しかし、この記事ではそれを説明せずに「正式にはテッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港」ということを「1970年代初頭から1980年代半ばにかけて」のことを紹介しているところで説明しているのも誤解を招きやすい書き方だと思いました。


そしてさらにJALのチャーター便の説明で、2002年から「約10年のあいだ、毎年アンカレジ行きのチャーター便を運航していました。」と過去形になっていますが、2016年の現在でも、ありがたいことに夏季と冬季に毎年数本ずつ飛ばしてくれていますので、この表現がなぜ過去形になってしまっているのかも疑問です。

こうして見てみると、基礎知識のない人が、(おそらくほとんどサイト検索での)調査だけを基にして、裏を取らずに記事を書くと、独り合点の内容になりやすいことがわかります。

この記事を書いた人はこのことを調べるために結構な時間と労力を費やしたのだろうと推測できるだけに、それでもこのような間違いを犯してしまうということは、自分にとっても大変勉強になり、同様に自分も気をつけなければならないと思いました。

というわけで、今週のサンクスギビングデーから正月までアメリカはホリデーです!
Have A Great Holiday Season!!

今回も突然の独り言でした!!
[PR]
# by 814690 | 2016-11-22 12:00

HAIしろくまツアーズ20周年記念企画発表

1996年9月16日に発足したHAIしろくまツアーズは今年で20周年を祝うことになる。

20年前と比べ、売り上げも、オフィスの規模もほとんど変わらず、ずっと低空飛行してきたわけで、これといった劇的なイベントもなく、何が記念なのかという疑問もあるが、州知事さんにも表彰されたことがあるし、日々是好日ということで、低くても安定して長く飛び続けていることがめでたいのであろうと思い、とりあえず祝っておくことにした。

いや〜めでたい!!

めでたい時は何度も乾杯するに限る! ということで、9月16日に正式にお祝いするまでに、6月、7月と8月にとりあえず3回乾杯することに決めた。

詳細は www.haishirokuma.com をご覧ください。


d0143907_1554735.jpg
まずは今年からプリンスウィリアム湾を航行開始するサンセットクルーズに参加して、氷河の前で乾杯!クルーズに参加する人で、一緒に乾杯してくれる人は私までご連絡ください。クルーズはもちろん弊社経由で申し込んでいただければ理想的。





d0143907_1556138.jpg

7月にはアンカレジを見下ろす眺望とアラスカの象徴デナリ山が美しく見えるフラットトップの山頂で乾杯することに決めた。一緒に乾杯したい方は、登山口集合。そこまでの行き方に関しては、弊社手配課までご連絡ください。私は皆さんの分の乾杯の道具を持参して皆んなと一緒に頂上を目指します。





d0143907_1612145.jpg
8月にはスワードのクルーズに行って、野生動物と一緒に乾杯することにした。

どれも参加希望者はぜひご連絡ください!!

待ってるZ!!!!!!
[PR]
# by 814690 | 2016-02-13 16:04

天気予報士の武田先生としろくま安藤のコラボ

d0143907_384097.jpg


このツアーのアンカレジ方面のアテンドを,しろくま安藤が担当する事に決まった!

昨年も同様のアテンドをして、大変楽しかったツアーなので今年も楽しみだ!!

チナ温泉でオーロラを待ちながら天気予報士の武田さんのおもしろ話で暑く盛り上がるだろう参加者を、26氷河クルーズで氷河から吹く風よりも冷たくさっぶ〜い私のジョークで凍えさせようという私の密かな計画。

ところが、現在参加者が9名という事で、あと4〜5名参加希望者がいないと催行されないかもしれないと言う危機に瀕しているようである。

ということで、こういう宣伝はほとんどしないしろくま安藤が、ブログ上でヘルプを試みていると言う訳である。

こういう専門家がアテンドするツアーは、ツアー+講演+武田先生と話ができて個人的に知り合いになれるという美味しさがあるし、何といってもしろくま安藤が新しく仕入れた凍り付く様なジョークは北極圏で鍛えた河内マキエイ氏の絶対零度のジョークに勝るとも劣らないレベルに達しているので、興味がある人は是非参加していただきたい!

ではシーユーインアラスカ!!

http://tabi.7netshopping.jp/7tabi/ab_tour/615703/
[PR]
# by 814690 | 2015-07-25 03:30


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧