Masa安藤の「アラスカで独り言」



ドキュメント:いよいよ本当に秘密のコミュニティに潜入!!

とうとうこれから、ホーマーのあるカチェマック湾を横切った反対側にあるという秘密のコミュニティに潜入するわけだ。ボートはスズキさんの30
0が3台もついていてパワフルーなやつ。
d0143907_13064114.jpg


バイバイホーマー、また会う日まで。









って言ってもたった1泊なんだけどね。
d0143907_13113605.jpg


あ、ラッコ発見!


d0143907_13115642.jpg
見えない?やっぱりアイフォン写真では黒い岩と変わらないようにしか見えないよね。


あ、ハートの穴の岩発見!
d0143907_13114755.jpg
完璧なハート型だった直後の写真。


さあこれが最初の家。
d0143907_13162778.jpg
ここはハリバットコーブと言う、ホーマーの対岸にある入江。お金持ちの別荘や、現役引退したミリオネアたちが住んでいるという瀟洒なコミュニティなのだ。


d0143907_13160165.jpg
これはなんと海上レストランだ。ホーマーのオフィスで予約して、チケットを買うと、ボートで往復送迎が付いてくるっていうなんとも優雅なスタイル。手前の4件のキャビンに1泊して行くプランもあるんだって。


ホーマーを出て約20分、とうとう着きました。今日のご宿泊は、Alaska Still Point Lodgeって名の、豪華リモートロッジなのだ。
d0143907_13223004.jpg
ここは船着場だが、ロッジ所有の船が三艘、水上飛行機が1機停泊中だ。


さあ、早速敷地内を探検しよう!
d0143907_13252177.jpg
船着場からドックを出て、トレイル沿いに少しゆくと右手に看板が見えてきた。



短い坂を登ると、出た!これがAlaska Still Point Lodgeのメインロッジだ。

d0143907_13274184.jpg
中に入るとまた、これが、ちょっと和のテイストが入ったデザインなところが今風の豪華ロッジの内装
d0143907_13283711.jpg
ロビーからミニミニ橋を登ってダイニングルームへ。

d0143907_13310733.jpg
ダイニングテーブルから3階のキッチンを臨む。


こちらは別の3階のリラックススペース。
d0143907_13312349.jpg
石の暖炉がすごい。


キッチンに行ってみた。
d0143907_13342326.jpg
朝食はここで食べるらしい。

中を覗くと、素敵なおねいさんが笑顔で挨拶してくれた。

d0143907_13361650.jpg
このおねいさん、ここのGMであり、バーテンもシェフもでき、ボートのキャプテンもすればギターを弾いてエンターテインメントもお手の物のスーパーギャルなのだ!


で、そろそろ外を見に行こうとまずはデッキに出た。

d0143907_13382325.jpg
近くのトレイルを適当に歩くとこんな見晴らしの良いポイントに出る
d0143907_13390761.jpg
右端にちらっと見えるキャビンはオーナー夫人のアトリエだとさ。
優雅な人生であるなぁ。


で、後ろを振り返ると、こんな風景。
d0143907_13393920.jpg
小さな板の間はなんと小型のヘリポート。ここからヘリで熊を見に行ったりするらしい。






しばらく散策をした後にロッジにもどり、裏側を歩くとジャクジー付きのホットタブ発見。
d0143907_13414662.jpg
そりゃあるでしょう。24時間オープンだって(もちろん無料)。


そしてアウトドア用のレンタルギア(もちろん無料)も揃っている。ちなみに長靴は全てアラスカの超有名ブランド「アラスカタフ」で揃えてある。
d0143907_13433792.jpg

そしてその近くにはガーデンも(もちろん無料)。
d0143907_13445399.jpg
温室栽培の野菜もあれば、ここで採れた日照時間の長いアラスカ育ちの野菜も夕食に出る。

アーティチョークはサラダではなく、ディナーテーブルのデコレーションの一部としてこの写真の後に収穫されたらしい。あとで写真で出て来るのでお楽しみにね。
d0143907_13464539.jpg
アーティチョークが地面からそびえ立つように生えているところ、初めて見ましたぁ。





禅室はメディテーションルームとして使っているということだが、茶室のような趣を持つ。

d0143907_13482782.jpg

そして、このラビリンスはもちろん瞑想用に使われるということである。


d0143907_13484333.jpg
迷路にそんな用途があるなんて知らんかった〜!



トレイルの左右に見えてきたキャビンたち。

d0143907_13505970.jpg

さらに行くと、本日のしろくま一家のねぐらに到着。
d0143907_13525959.jpg
TideView Cabin

d0143907_13530978.jpg
Beautiful View from Peaceful Cabin
ハイソなコミュニティが一望できる。


まずは記念写真を1枚。

d0143907_13544447.jpg
かなりの引き潮


で、とりあえず腹が減ったし、夕食が午後7時30分きっかりに始まるというので、ダイニングルームに出かける。
d0143907_13591085.jpg
Beautiful Dinner Table
「本日の収穫」はディナーテーブルのデコレーションにもなる。
あ、さっきのアーティチョーク発見!


この日はオーナーご夫妻の結婚記念日のお祝いということで、ゲストだけでなく、オーナー夫妻やメインスタッフも同席した。

まず食前酒を飲んでいると、食事の合図のベルが鳴ったので、ディナーテーブルに着くと、サラダ代わりにベジタブルラップが出て、ワインが振る舞われた。

そしてすぐにこれが出てくる。

d0143907_14015030.jpg
この生牡蠣、今日ホーマーで獲れたんだそうだ。


で、またまた違うワインが出されて、とうとう本日のメインディッシュが登場。

d0143907_14015907.jpg
Miso Grazed Black Cod lightly smoked


このは銀ダラの味噌焼きはノブのレシピらしい。

デ、デザートがいくら別腹でもこの2つは入らない。
d0143907_14020857.jpg

なので今日はこっちにする。

d0143907_14073798.jpg
う〜ん まいっ!


食後はしばらくリラックスルームで引き続きワインの残りをちびちびなめながら、ギターを弾いたり、ピアノの弾き語りを聴いたりしていると、こんなものを発見。
d0143907_14114301.jpg
My O'friend Atz Kilcher's CD


そう、今から約3ダース年も前のこと、とあるアラスカパシフィック大学の学生だった僕は、同じくそこの学生だったアッツがカフェテリアでギター片手に歌っていたのをよく聴いたものだった。そして時々アッツの周りで踊っていた小さい娘っこは、ジュエルちゃんと言って、今は立派な有名プロ歌手になっている。

あ〜懐かし!

と感慨に浸りながら今度はおんもでボンファイヤー!

d0143907_14091104.jpg
みんなで歌う。なぜかみんな歌が上手いのだ。。。



もう酔いも回って、暗くなって、自分のキャビンに無事に戻れるかどうかわからなくなってきたので、とりあえず寝に帰ることにする。


ーーーーーーーーーーーーこの間に約9時間がすぎていますーーーーーーーーーー

おっはよ〜!

朝のお散歩が終わったので、メインロッジに出かけると朝食のお時間だった。


メニューはこれ!
d0143907_14241369.jpg
Smoke Salmon Eggs Benedict

エッグベネディクト普通卵2個分だが、依頼して1個にしてもらった。軽くスモークされたサーモンがうまい!


食後はトレイルをハイキングに出かける。本当は海が静かなのでシーカヤックもよかったのだが、敷地内を知るにはハイキングが一番なのだ!
d0143907_14265879.jpg
昨日訪れた場所も天気が違うと展望もガラリと良くなる。


どんどん登るぞ!

d0143907_14284450.jpg
かなり高くなった。もう少しで丘を越えられる。


では、ここでキノコ特集。
d0143907_14294530.jpg
こんなのや

d0143907_14302111.jpg
これは食べられるぞ、というのから、

d0143907_14300906.jpg
これ美味しそう(でも食べられるかどうか私にはわかりません)というのまで。


d0143907_14393729.jpg
あ、これは食べれませんね。きっと。
秋だからこその写真だ。


紙面の関係でこれ以上お見せできないのが残念ですが、もっと色々ありました。

で、終点の海岸に到着。
d0143907_14303118.jpg
浜辺にポツンとあった岩の上に登ってパチリ。


何とかと煙は高いところに登りたがるのである。
d0143907_14304036.jpg
これがその岩の全貌である。この岩制覇!
名前をつけよう。「へ」だな。
「へ」岩ってこと。

だって本当に「平和」な世界なんだも〜ん。


ともかく、帰りはボートでお迎えが来るという豪華なハイキング。

ではボートでコミュニティ散策。
d0143907_14361749.jpg
灯台のようなおうち



d0143907_14365744.jpg
赤い屋根の緑の家は有名なビリオネアの家らしい。


って言ってるうちにロッジに到着し、すぐに昼ごはんの時間です(食べてばっかり)。

昼はハリバットタコスでしたが、写真は割愛。

そしてランチの後にホットタブでジャクジーなどに浸かり、ドライサウナなど試していたら、あっという間に出発時間になったので、最後はちょっと急いでボートに「のりこ」さんだった。





でも、そのおかげで絶妙なタイミングで「座頭の市」さんから歓迎のご挨拶を受けました。

d0143907_14432642.png
Humpback Whale's Bleaching!

そう、帰りのボートでホーマーにゆく間、ホーマースピットの先端にあるランズエンドホテルの沖でザトウクジラのブリーチング(ジャンプ)のに出くわしたのです。

我々を見送るように5回も6回もしてくれました。動画はFacebookにアップしてありますので、ブログでは写真だけね。

で、その後アンカレジまで約4時間半の道のりを、安全運転でぶっ飛ばして帰りました。

とさ。

めでたしめでたし。

以上

体験ドキュメント:ハリバットコーブのアラスカ・スティルポイントロッジでした。

[PR]
# by 814690 | 2018-09-27 15:03

ドキュメンタリー:ホーマー対岸の秘密のコミュニティに潜入!

アラスカの夏のツアーシーズンも終わりになるので、週末を使ってアンカレジからソルドトナ経由でホーマーへの黄葉ドライブを楽しんだ。

d0143907_10503673.jpg
スワードハイウェイのトイレ休憩所から


金曜日。天気は今一つだが、明日は晴れるという予報にかけて見たが、なかなかの黄葉シーンだ。
d0143907_10535298.jpg
スターリングハイウェイに入るとソルドトナまでは1時間半。



行きはまず、第一の目的であるソルドトナのギリシャレストラン。アラスカなのにギリシャ料理?

d0143907_10554522.jpg
Froso's Greek Restaurant
フロソス レストラン内部



実はここは秘密のお寿司屋さん。ここでシュン君が超こだわりの寿司を握っているのだ。
d0143907_10571500.jpg
入り口を入ると左手のラウンジの一角に寿司バーがある。
ユニーク〜!!



独自に魚を仕入れて作る彼の創作握り寿司は、ネタの新鮮さと相まって、かなり質が高い。
お任せコース$30(アラスカでは普通の値段)の最初に出たオヒョウ昆布締めから、最後の普通のタコとちょっと手を入れたタコまで、「パラダイスにいるみたい〜🎶」と少し古いUtadaが出てくるくらい美味い!!

d0143907_10593092.jpg
最初に出たオヒョウの昆布締め、絶品です。


その全てをお見せしたいところだが、今回の主目的はホーマーということで割愛。
















だけどもう一品だけお見せしましょう。
d0143907_11025784.jpg
カンパっチ!


 Remember. It's called Froso's Sushi & Sake Lounge
d0143907_10595632.jpg
フロソス スシ&サケ ラウンジ
名前もでらユニークだで、頼むで覚えてちょ〜よ!!
と名古屋の人が言っとラッセルでかんわ〜。




さて、その晩はソルドトナのアスペンホテルにてぐっすり睡眠を取りますと翌朝は快晴〜。
リダウト山もスパー山も多少の雲をまとって優雅に姿を見せてくれる。

d0143907_11084057.jpg
はっきり見えませんか?心の美しい人にはくっきり見えます!



で、まずはファーマーズマーケットをチェック。

d0143907_11114235.jpg
ホーマーのファーマーたちが集うマーケット



アンカレジのマーケットが大都会と思わせるくらい小規模だが中身の濃い本物のファーマーズマーケットを見た感じがする。なんたってトマトだけ売っている店とかもあるくらいだ!
d0143907_11142126.jpg
お客さんを見るだけでも味わいがある!



さて、お腹が減ったので、オールドタウンにある有名なカフェ、ツーシスターズで昼食(写真割愛)。そしてその後、周辺の散策を楽しむ。まずは海岸で恒例の石拾い(石好きなの)。

d0143907_11171608.jpg
ホーマーの海岸物語



その後ちょっと浮気してビジターセンターに行き、

d0143907_11180793.jpg


戦後75周年の特集をしているバトル・オブ・アッツ島を見学。
d0143907_11181967.jpg
日本軍の戦った後は今もアッツ島に残っている。その時、日本軍もアメリカ軍もアリューシャンの島をところ構わず爆撃し、自然と野生動物のコロニーが壊滅的に破壊されたことはあまり人々の話題に登らない。
d0143907_11194516.jpg

こんなギャラリーやカフェなどが並ぶオールドタウン。ホーマーはスピットだけじゃないぜ!








d0143907_11222164.jpg
このギャラリーと階下のブティックがすごい。
どうすごいかって?ご自身でご覧ください。



で、次はスピットのサルーンを紹介しよう。

d0143907_11233133.jpg
外観


d0143907_11241803.jpg
内観
以上!


ま、一度自分で行って見なはれ。決して手抜きをしているわけではありません。


さて、さて、今回の主目的、ホーマー対岸にあるハリバットコーブのハイソなコミュニティに潜入すべく、ボートにのりこちゃん。

続きはまた明日!!!
乞うご期待〜〜〜!

[PR]
# by 814690 | 2018-09-26 11:37

ベテルスロッジ:オーロラベルトの真下にある北極圏のロッジへ行ってきました

フェアバンクス空港に到着するとバゲッジクレームが半分仕切られていた。日本からJALのチャーター便が飛んでくるというから、そのための仕切りだな。向こうにチナ温泉の送迎集合場所が見える。
d0143907_05401571.jpg

まずはフェアバンクスダウンタウンに行って、チナ川の快晴風景を激写!
d0143907_05442853.jpg

そして眩しく輝くダウンタウンの教会にお参り(なんたって僕の名前はカトリック系だからね。。。?)。
d0143907_05463152.jpg
その次はアラスカ大学博物館に行きしろくま君にご挨拶。
d0143907_05473053.jpg
この博物館では何と丸ままのアンモナイトの化石が縦半分に切られて、廉価で売られている!!石/化石好きにはたまらない!!
d0143907_05511800.jpg
さて、翌日は朝日が昇る時間に空港に行き、9人乗りナバホでフェアバンクス発!一路ベテルスへ!
d0143907_05533661.jpg
デナリ山も後方に霞んで見れ(iPhone写真の限界でちゃんと写っていませんが)、曲がりくねった川が凍って流れている極北の大地を飛行する.
d0143907_05565359.jpg
「天気が良ければ北極圏の扉国立公園のフライトを」と事前に依頼しておいたのだが、幸運なことにその願いが叶い、アリゲッチピークまで飛んでくれた。
d0143907_06013068.jpg
約1時間半のフライトの後、無事にベテルス着。雪だるまのオラフが迎えてくれました。
d0143907_07141581.jpg



ロッジは空港のすぐそばです。これが冬の間メインで使われるオーロラロッジ。
d0143907_07111332.jpg


そしてこれが夏の間使われるヒストリックロッジ。風格ではこちらが上。そしてこのロッジにレンタル防寒具がある。
d0143907_07122700.jpg

パッケージは全食事付き。メニューは食事制限などがあっても事前に依頼しておけば好きなものを頼めるし、量なども変えられるし、回数も変えられるし、お腹が空いたらスナックなどいつでも食べられるし、コーヒーなども飲み放題。この日の夕食メニューはプライムリブステーキ。僕は普通サイズを頼みました。

そして、デザートに出てきたケーキが温かかったので、「これにバニラアイスのせてチョコシロップかけて」と頼んだらすぐにそうしてくれて、おまけに他のゲストたちがこぞって真似し〜。
d0143907_07170304.jpg

食後はちょうどこの時期ロッジを訪問していたプロカメラマン、ジム・ノーマンのスライドショーがあり、プラス我々のために特別にオーナーのエリックさんが砂金採りの実演を見せてくれました。
d0143907_07192620.jpg
ベテルスロッジでは犬ぞりやスノーモービルのツアーを行なっている。フェイスブックにも紹介したけど、ここのそり犬に一目惚れしてしまったのだ。
片目が茶色でもう片方がグレーに輝く眼で見据えられると、すっごくクールでかっこいいTrooper。
d0143907_07232346.jpg

でも本当はとっても優しくて穏やかで可愛いそり犬だ。
d0143907_07302657.jpg

なんて遊んでいたら遠くから爆音が聞こえてきて、何とスキーを履いた軍用ヘリが着陸した。鳥山明の漫画見たい!!極寒地訓練とセキュリティ上の下見を兼ねた演習機が燃料補給に立ち寄ったのだという。だが、彼らがここで本当に楽しみにしていたのはさっき食べたステーキ!それがわかったのは食事している時の彼らの顔が降りてきた時と全然違ったから。
d0143907_07312730.jpg

夜はもちろんオーロラ観測で夜を明かし、取材旅行の私は翌朝オーナーとパイロットの3人で記念撮影をしたのち、フェアバンクスへ戻りしたとさ。めでたしめでたし!
d0143907_07352712.jpg

 ベテルスロッジの手配はHAIしろくまツアーズでも取り扱っていますよ〜!


[PR]
# by 814690 | 2018-03-07 07:49

氷河の洞窟トレック紀行


d0143907_06310053.jpg
先週木曜日にジュノー郊外にあるメンデンホール氷河の洞窟へのトレッキングツアーに参加同行した。

これは最近ユーチューブ動画などで騒がれている「氷河の洞窟」とか「青の洞窟」とか呼ばれている場所へ行くトレックだ。

d0143907_06270496.jpg
薄曇りの朝、クルーズドックにあるケーブルカー乗り場近く(C Sign) に集合し、バンに乗って出発。


今回はカリフォルニアから来た3人家族(14歳の男の子と夫婦)そして3名の我々日本人グループの合計6名。
















d0143907_06382703.jpg
ガイドは力強そうだけど可愛いケイシー。


ドックから車で約15分のドライブの後、メンデンホール氷河この西側(キャンプ場のある方)の駐車場に車を停めて、ここから出発する。


d0143907_07582738.jpgd0143907_06333427.jpg









































ヘルメット、ハーネス、ウォーキングポール、スナック、水ボトルが入ったデイパックを支給され、中身を確認、そして自分の持ち物(フリースや持参のお菓子など)を入れていると、黄色いジャケットを着た団体が同じようなバンで到着する。


彼らはオールを持っているから、トレイルをハイクする代わりにカヌーで湖を漕ぎ渡るグループだ。

カヌーだと45分から1時間で行くコースを、トレックではかなりのアップダウンを2時間ほどかけて歩くということなので、カヌーで行くほうがずっと楽らしい。歩くのに慣れていない方はカヌー&トレックがオススメ。


d0143907_06345558.jpg
d0143907_06363876.jpg
準備万端整えていざ出発!!



トレイルヘッドを入り、森の中をしばらく行く。





























d0143907_06375889.jpg

広かった道は徐々に狭く細くなり、


氷河が削った岩の上を登ったり、滑りやすい一枚岩を下ったり、急峻な崖を登ったり降りたり、
d0143907_07165189.jpg
d0143907_07155512.jpg



d0143907_06472434.jpg
























崖っぷちの細道を歩いたり、岩のゴツゴツ出ている急な上り坂を行く。













アメリカンなペースのガイドのケイシーはの結構なハイペースでどんどん進んで行く。日本のグループならトレック開始15分はゆっくり歩いて、休憩するところだが、彼女は最初からどんどん歩いて休憩は1時間ほど後だった。


それからは30分ごとくらいに休憩をしたが、氷河に到着する少し前の見晴らしの良い場所でスナック休憩(トイレは藪に隠れてする方式)。

そこからは緩やかな下りで、下りきったら氷河へと向かう瓦礫の道なき道。




遠くに氷河のトンネルらしきものが見えると皆の興奮は高まる。
d0143907_06493338.jpg



氷河の洞窟を前にケイシーが注意事項を皆に伝える。「青色の薄いところは氷や石が落ちてくる可能性があるので絶対に近寄らないように」とか「上が黒いところも岩が隠れているからなのでその下を避けて歩くように」など。



みんなで一列になっていざ出発!ワクワクする瞬間だ。


d0143907_06523876.jpg
そして氷河のトンネルと、

d0143907_07085377.jpgd0143907_07080019.jpg

























d0143907_07090919.jpg









d0143907_07101656.jpg



































その後ろにある洞窟、

堪能しました。











トンネルを抜けるとそこは雪国だった…と言いたいところだが、そこは氷国だった。

d0143907_07104578.jpg

そこでクランポン(アイゼン)を履いて今度はアイゼンを履き方、アイゼンを履いての歩き方講習を簡単に行い、氷河の散策へ。

d0143907_07124421.jpg
氷河の上を歩いてクレバスを見学し、氷の坂を登ったり降りたりしてから、
d0143907_07140823.jpg

今くぐってきた氷河のトンネルの上を歩いて戻るって寸法である。
d0143907_07145195.jpg











楽しい氷上での遊びの時間はあっという間に終わりを告げ、今度は元来た道を帰る。

午前10時30分にドックに集合し、戻ってきたのは午後4時だった。



d0143907_07173545.jpg


タラバとビールで無事の帰還を祝いながら夢のような半日を3人で回想する、これも楽しい時間!


[PR]
# by 814690 | 2017-06-22 08:26

12月の海岸お散歩 Taking A Walk Around My House  

I took a walk around my neighborhood on this sunny beautiful Sunday afterenoon.

今日は気持ちのいい晴天の日曜日。日本は師走の忙しい時期と思うが、アラスカの田舎は至って平穏。こんな時に街に出ると、クリスマスショッピングの喧騒に巻き込まれて大変な目にあうのがオチ。

それに最近日照時間が激減していて、太陽にあたる時間が少なくなっているので、陽の当たる短い時間を利用して、ちょっと散歩に出かけた。


d0143907_10131493.jpg まずは自宅から道路脇の歩道を歩いて、近くの海浜公園まで。






外気はマイナス18度なので、少し深めに息を吸い込んでも、まだ鼻毛が凍るほど寒くはなく、雪を被った歩道の上を歩いていると少し汗ばむくらい。

でもさすがに屋外を散歩している人たちは少ない。

お天気いいのにな〜・・・・・。




d0143907_1022342.jpg





ここが自宅から徒歩15分ほどにある海岸線の公園。といっても、この辺りにやって来る野鳥などを説明する看板がある以外はほとんど何もない(柵さえない)。

だからここが公園なんて地元民でなければ誰も思わないわけだ(だからいつ来ても空いてていいいのだ)。







d0143907_10164017.jpg




そこから海に降りて、凍った海の上をお散歩して自宅近くの陸地まで海から帰る。

途中で、雪原に字を書いてみたり、寝っ転がって自分の姿の形に跡をつけたりしながら、誰にも会うことなく、1時間ほどを過ごした。




d0143907_1020241.jpg



南向きの午後12時半少し過ぎだが、太陽はこんなに低い。あと10日で冬至だもんね。

それまでまだまだ日照時間は短くなるわけだ・・・。

それでもみなさまが、平穏で安全な年の瀬と素晴らしい新年を迎えられることを、このアラスカの太陽に心からお祈りしておきました。




散歩の模様はフェイスブックにアップしておりますので、こちらもお楽しみくださいませ!

https://www.facebook.com/masayasu.ando.alaska/posts/1301108943260659?notif_t=feedback_reaction_generic¬if_id=1481504223492151

と、こんな短いお散歩の間でも、

「あ〜、本当にアラスカはうつくしいなぁぁぁぁぁあぁぁ〜〜!!(しあわせだなぁぁあぁぁぁ〜)」

なんて、感じてしまう午後のひと時でした。
[PR]
# by 814690 | 2016-12-12 10:43


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧