Masa安藤の「アラスカで独り言」



いま自分にできること(各都道府県への義援金の送り先付き)

しろくまは、1996年に創立以来、毎年寄付をして来た。

もちろん小額なのだが、ローカルの組織を中心にできる限りの寄付をしてきている。

数年前からはそれにプラスして、ブッキング1件につき$1の寄付を実行している。これはHAIしろくまツアーズが寄付をしている様に見えながら、実質上はアラスカに来ている人たちが寄付していると言うことである(これまでしろくま経由でアラスカに来られた全ての方々に、改めて心より感謝の言葉を贈りたい。本当にありがとう!)。

その方達のために最近の寄付先をご説明申し上げると、一昨年はケアリング・ブリッジ CaringBridge® : 1715 Yankee Doodle Road, Suite 301 : Eagan, MN 55121 : 651.789.2300 : www.CaringBridge.org

昨年と今年はUAF(アラスカ大学フェアバンクス校)のミルナー・マーケティング奨学金 

である。

金額は$1/ブッキング+アルファで、各$300〜$500だ。

このようなことは別に宣伝することでもないので、これまで何も言わなかったが、とにかく世界には寄付を必要としている人々が大勢いることだけは確かである。そのすべてに寄付ができる程の経済的余裕がないしろくまは、やはり身近な所から少しずつ、地道に寄付を続けてきている。

しかし今回の震災は、日本人である自分たちにとっては、かなりなショックであり、祖国日本の復興、発展のために、何かできないものかと真剣に考えた。 もちろん会社としてしている今回の震災関連の寄付に加えての行為と言うことである。

私を含め、海外に居住する日本人は、日本が世界から注目されている国であり、自分がその一員であることを誇りに思っており、今こそ我が祖国に恩返しができる時であり、是非ともそうしたいと強く思っている。

世界のあちこちにいる日本人たちもおそらく同じ想いを抱いているに違いない。彼らはそれぞれに連絡を取り合い、無事を確かめ合い、自分たちで何かできないかを真剣に討議し、実行に移している。

フェアバンクスでも先週土曜日に、有志が集まりイベントを開き、大成功をおさめたと聞いている。そこには400人以上もの人たちが来てくれたそうで、今後もこのようなセールやコンサートなどを開き、寄付を集めることになるようである。

フェアバンクスでは人々の熱意が先導して、団体が正式に組織化する前にイベントが始まっているが、アンカレジは逆で、まずは組織作りから始まっているようである。

「NPO法人の許可が昨日降りた」というのは、アンカレジの日本人企業や日本人会などが集まって組織を始めた「ジャパン・リリーフ ファンド オブ アラスカ」 http://www.jprf.org/  である。

サイトにはまだ募金の送り先も記載されていないが、準備は着々と進んでいる。

アラスカ在住で、日本とビジネスをしているなどで密接な関係があるアメリカ人たちも、「ジャパニーズ・リリーフ」という仮称で活動を始めている。まず手始めは4月19日に地元政治家やビジネスマンたちをキャプテンクックホテルに招待し、入場料を取って集会を行う予定になっていると聞いている。

HAIしろくまツアーズでもなにかイベントをして義援金をつのろうかとも考えた。何かできないかと言う気持ちは強い。

しかし考えれば考える程、調べれば調べる程、自分は日常を平穏に過ごせることに感謝しながら、これまでどおりに生きて行くことを第一義する事の大切さを思わずにいられない。今回の被災で犠牲になった人たちのことを想い、祖国に対する自分のこの気持ちを強く,そして長く持ち続けながら、感謝して日常を生きること。それをずっと忘れないこと。

これも我が師、亀井一雄範士八段の教え「平常心」のひとつであり、自分の座右の銘である「寂然不動」なのではないかと感じている。

今後もいろいろな方面からの善意の呼びかけに耳を傾け、心を開き、そしてできうる限り協力して行く姿勢は保ち続けるつもりである。

*********************************************

さて、先日、日赤に直接送金する方法(特に海外から)をお知らせしたが、各都道府県に送る方法も調べてみた。

銀行送金や郵便局に送金する方法になるのだが、もし特定の都道府県に多くの知り合いがいて、助けになりたいとか、その土地の人たちにお世話になったから助けたいと言うJET プログラムのメンバーや元英語教師、留学生などはこのサイトをご覧ください。

なお、この情報は私のアラスカ剣道クラブのサイト http://www.alaskakendo.org で英語でも紹介されている。

岩手県: (日本語サイトのみ): http://sv032.office.pref.iwate.jp/~bousai/taioujoukyou/gienkin.htm

宮城県 (日本語サイトのみ): http://www.pref.miyagi.jp/kihu.htm#3

福島県 (英語サイト): http://www.worldvillage.org/fia/data/donation_0316_1600.pdf

茨城県: (英語サイト) http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kokuko/en/data/donate.pdf
(日本語サイト) http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110318_13/


その他のサイト
Medecins Sans Frontieres Japan (国境なき医師団日本) http://www.msf.or.jp/donate/

グローバルギビング Global Giving. http://www.globalgiving.org/projects/japan-earthquake-tsunami-relief/

(この2つはクレジットカードでの送金が可能)

被災地のみなさんの平穏が一日も早く戻ることを心より願っています。
[PR]
by 814690 | 2011-03-30 09:14
<< やっぱり行ってくる!! ジャーナリスト豊田直己の見た現場 >>


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧