Masa安藤の「アラスカで独り言」



北極圏のドライブツアー後半

フェアバンクスから唯一北に延びる道路、ダルトンハイウェイ北上の旅は続く。

今日はコールドフット北にあるワイズマンに立ち寄ってから、アティガンパスまでゆく終日ドライブだ。

まずはワイズマン。


d0143907_4102189.jpg村は小川の両側に二つに分かれていて、こちら側が新しい建物が多い部分。10月から2月中旬までの日照時間が極端に短いまたは日が昇らない時期以外は電気はソーラーパワー利用のようだ。


d0143907_4145322.jpgポストオフィスは橋を渡ったあとの後半の部分にある。


d0143907_4431.jpg
これは村にあるB&B。ここにも宿泊施設はあり、夏になると大勢の観光客でにぎわう。




しかしワイズマンは人口13人の小さな村で、車で通り抜ける間に目撃した村民は、犬ぞりの犬たちに餌をやっている男性ただ一名だった。

d0143907_47852.jpg村にあるペプシの自販機が印象的。



d0143907_4161724.jpg夜訪れるかもしれない博物館などを案内した。


そのあと、再び冬のダルトンハイウェイを一路北に向かう。

d0143907_418626.jpg太陽がダイヤモンドダストに当たってサンドッグと呼ばれる現象を見せてくれる。




d0143907_419394.jpg信州にも似た山並みを抜けると、岩肌がむき出しになっているスカ(ク)パック・マウンテンだ。




d0143907_4193488.jpgここでトイレ休憩と写真休憩をしてひとしきり遊んだあと、

d0143907_4202917.jpg



また北上を続ける。。
どんどん登る。


d0143907_4212499.jpg最北端のホワイトスプルース(白トウヒ)をすぎ、





d0143907_4222467.jpgどんどんと登るとアティガンパスの手前のシャンダラーシェルフに到着した。ここはフィンガーマウンテン同様いつも強い風が吹き抜け、体感気温がマイナス60度以下になる。




しかしこの日は違った。気温はマイナス20度くらいなのだが、不思議なことに風がなく、寒風吹きすさぶ寒さに慣れた我々にはとっても温かく感じるのだった。


d0143907_430915.jpgサンドッグも見れるし、遠くにはカリブーも昼寝をしたり遊んだりしている。




d0143907_4355787.jpgそうとなった屋外でピクニックランチだ。




d0143907_4383455.jpg我々も動物たち同様、雪の斜面を転がって遊ぶ。
グループフォトも撮って、遊びまくる。
通りすがりのトラッカーたちはうらやましそうにおや指を立てて挨拶してくれる。

おーたのし。





d0143907_4405075.jpgひとしきり遊んだら、今日の目的地アティガンの頂上へ向かう。




d0143907_4413021.jpgアティガンの頂上には別に立札があるわけでもなく、ただ登った後は下っているだけだ。



運転手のバーバラもとても楽しそうで、本来ツアーはこの頂上までなのに、もっと先まで行ってみたいと言い出す始末。



それでわれわれはガルブレイスレイクまで行ってみることにした。


d0143907_4432377.jpgパイプラインとダルトンが平行してどこまでも続く。




d0143907_4444549.jpgさらに続く・・・。


d0143907_4452518.jpg思ったとおり山の反対側の景色もそれは素晴らしく、実際にはもっと北まで。。。。そう、北極海まで行ってみたいと思った。


d0143907_4461161.jpg



夏に北極海までゆくぞ!!と強く思うのだった。





d0143907_4473980.jpg夜のワイズマンのツアーはつもどおりジャックさんの自宅訪問だ。彼もマスコミなどでかなり知られるようになり、だんだん説明を端折るようになったが、事前に彼のことを説明しておいたので、参加者たちはみなこの極北での自給自足生活に驚いていたようだった。



ソーラーパワーの力おそるべし、だ。もちろん設備投資にかかる金額もかなりのものと思うが…。



オーロラはあやしくおぼろな旅だったが、北極圏の面白さは120%体験した。



d0143907_4484126.jpgそれに楽しもうとする参加者たちのポジティブな意気込みは旅の面白さを10倍に引き立ててくれた。



この場を借りて彼らに感謝したい。

また来年の春も、北極圏の旅、行くぞ!!!

しろくま
[PR]
by 814690 | 2009-02-24 04:54
<< しろくまの従姉妹がイルカ? 北極圏と冬のブルックス山脈への旅 >>


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧