Masa安藤の「アラスカで独り言」



<   2005年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


節度について

人がかつて自然から直接その恵みを受けていたころ、求めすぎること、取りすぎることは日常生活の破綻(つまり食べるものがなくなってしまうこと)を招いたため、人々は「節度」をもって自然と付き合い、バランスの取れた生活形態を営むことを学んだと聞いています。

高度な技術を得ようとするハンター達は、狙った獲物を確実に取るための知識と技術を身につけると同時に、その技術を乱用せず乱獲をしないことが「狙った獲物を確実に取る」ための必要条件であるということを学んだのでしょう。それは将に武術を極めた武道家がその技術を平常使うことを諌めていたことと同じく「節度」という考えに基づいていたと私は理解しています。

貨幣経済が入ってからも日本では武家社会の影響で、古来からの美意識である「節度」を持って良しとする傾向にありました。その頃の「教養」ある人達は皆「節度」があり、人々から敬われていた人達は経済的な貧富ではなく「節度を持った教養のある人」であったようです。「衣食足りて礼節を知る」といいますが、昔は「衣食」がおぼつかぬ程の貧困生活をしていても「礼節」を持った人がかなりいて、それらの人々は周囲から尊敬されていたと聞いています。

それが現代社会になり、「節度」に対する意識がいつのまにか薄れて行き、その対極にある考え方が一般的になりました。「金=豊かさ=成功者」というような構図が見られるようになり、人々は金銭的に豊かな人々を成功者と呼び、敬う(または羨む)ようになったように思います。人々は依然としてほとんどの食物や生きるために必要なものを自然から得ていて、それが限られたものであるということは変わらないのにもかかわらず、「金があればあるほど欲しいものが無限に手に入る」という考え方がほぼ定着しているように思われます。

人々は金銭的な豊かさを求め、そこに人生の理想を描き、「どんどん売って(働いて)、どんどん金を儲ける」ことは「良いこと(善)」、とは見られても「悪いこと(悪)」と考える人は誰もいないようになったように見えます。

お金は人が作るのですから、使える以上に作る事は可能。戦争をするのに金が要るからといって、どんどん作って使って自然を破壊する事も可能。無尽蔵に思われる金が有限な自然の恵みを奪い、自然はどんどん破壊されて行きます。そこには「節度」という人間の欲望への抑止力は全く存在しないように見えます。

アラスカに来る人々の中には物質的な豊かさではなく、精神的な豊かさや自然の豊かさ、そこで感じるエネルギーの濃さなどを求める人達が依然として存在します。私はその現実に救いを見いだしているのですが、それらの人々の中にも「節度」の差があることも確かです。

個人の感情表現のし方、感動の表し方はもちろん個人で差があるのは当然のことですが、オーロラのような自然現象に対しても、オリンピックやサッカーの試合を見ているときと同じ様なリアクションが目立つようになってきたのは、人々の感情表現のし方が変化してきたのだと思います。これは「感動は気持ちの良いことだからどんどんやっていい」という意識から来るものと思われますが、そこに「節度」という概念が薄れていることが見て取れます。

古の時代に詠まれた和歌や書物などを見てわかるとおり日本人は元来気持ちを率直に表すことが得意だったように思われます。それだからこそ自分の気持ちが爆発してしまわないよう、感情を溜めることができる心を持つことの大切さも理解していったのではないかと思います。

日本古来の花鳥風月を愛でる「じーん」と心に染むような感じ方は、現行メジャーな感動表現である「うっわ~!すっげー!!」という絶叫型に取って代わられているようにも見えます。

本来武道であるはずの競技試合で時折見られるガッツポーズは良く言えば率直で純粋な感情表現ですが、武道的見地から言えば粗野な思慮を欠いた振舞いであり、「礼儀」を欠いた「節度」を知らぬものの態度とも言えます。 

「礼節」という日本古来の道徳的・美意識的観点からすれば、老若男女のほとんど全てが絶叫型の感情表現をしてしまう現行の姿は明らかに文化的にレベルダウンしていると考えてしまうのです。

節度を持つということは武術では「戦う相手に対する感謝の念、勝者の敗者に対するいたわりの心、敗者の勝者に抱く畏敬の念」なのだと思います。これは武の戦いが「生死を賭して(現在では「生死を意識して」というべきでしょうか)」行われるものだからこそ育つ精神・文化であり、スポーツやショーには必要のない、というか邪魔にさえなるものでしょう。

感情が大きく動いても直接的な感情表現を心で抑制し、表現を穏やかにしていると、心の中に大きな思いを溜めることが出来、それが大きなエネルギーへと変わるのではないかと考えます。2001年のテロ以降、最高に厳しい状況にある弱小旅行手配会社「HAIしろくまツアーズ」ですが、そういった状況だからこそ今一度「節度」という言葉について考え、生きてゆきたいと思っています。
[PR]
by 814690 | 2005-10-17 14:36


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧