Masa安藤の「アラスカで独り言」



<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


コッツビューのシャケはこっつびゅでもピリリと辛い

オヤジギャグを連発しながら今日も前進するしろくまは、先月コッツビューに行ってきた。

コッツビューとは北極圏の中、ベーリング海に面した人口3000人程のネイティブビレッジである。アイディタロッド犬ぞりレースの最終地点の町ノームのあるスワード半島の上に、「これが半島?」と思えるくらいのちっちゃな半島があり、その名をボールドウィン半島と言う。その先端にあるのがコッツビューだ。

ここからの眺め(ビュー)はごっつぇぇビューって何語や〜。


d0143907_10162581.jpgまずはアンカレジからアラスカ航空で出発。




d0143907_10123742.jpgどうやら現地は曇りらしい。




d0143907_10143447.jpg隣のはディズニーランド行きらしいが



d0143907_10151976.jpgこれは北極圏行き



d0143907_10173245.jpg1時間でまずノームに到着



d0143907_10193554.jpg そこで1時間も待ってから、再出発。このフライトはコッツビュー経由で再びフェアバンクスへ戻る。なのでここからフェアバンクスへ行く人たちも搭乗する所が不思議だ。



d0143907_10204782.jpgやっと着いたぞコッツビュー



d0143907_10215111.jpg空港(と言ってもアラスカ航空のハンガー)内の待合室はネイティブさんが多数を占める。



d0143907_10223649.jpgこのバスでヌルガヴィクホテルへ出発。コッツビューの誇る最新、最高級のホットアイテムである。



d0143907_10244745.jpgこれは違う。これは今までの古い方のヌルガヴィクホテル。もうすでに生ける屍と化している。ヌルガタガタビクビクホテルである。



d0143907_10263061.jpgジャジャーン。これが新しい方。ウミアックの半分を逆さにしたエントランスがネイティブっぽい。



d0143907_10271464.jpg入り口のデザインも鮮やかな色と近代的な設備なのだが、ちょっとあか抜けてない感じがあってとてもいい。



d0143907_1029425.jpg近代的なロビーとフロントデスク。スタッフは現地のネイティブである。



d0143907_10304010.jpgレストランも来れこの通り。海の眺めがゴッツェェビュー。



d0143907_1031398.jpg部屋もめちゃクリーンでビューtyフル。



d0143907_1050069.jpgこの人は「ナナ」という米国でも大型ネイティブコーポレーションの副社長さん。実家の近所にも似た人がいたが、この人の案内で町を巡ることになった。



d0143907_10354049.jpg町はネイティブのブッシュと呼ばれる典型的な様子だがかなり大きい。



d0143907_10505960.jpgビジターセンターも超近代的で、展示も超一流だ。ついでに言うとここの病院も近代的設備があるようである



d0143907_10371595.jpgそれにすごいのは、翡翠のジャンクヤード。


こうやって大きな翡翠の塊が捨てられている。

拾おうとしてしかられたけど・・・。ということで拾ってもって帰る事はダメのようだ。アハハ。




d0143907_10391777.jpgしかしここはブッシュ村だから物価は以上に高い。金持ちでないと生きて行けないのだ。



d0143907_10401949.jpgアイスクリームもやせる思いをしないと食べられません。



d0143907_1041060.jpg2011年までは車の登録をしなくても車を運転できたけど、ガソリンがこれだけ高いと運転したくなくなる。



d0143907_10424696.jpgということで、村はずれの海岸でフィッシュキャンプをしている人を訪ね。




d0143907_1045026.jpgBジュース(この村はドライビレッジなのだ)をのみながら焚火を囲んでお話しを聞いた。



その後ホテルに戻り



d0143907_10453597.jpgおいしい夕食



d0143907_10469100.jpgコッツビュー(小粒ゅー)でもピリリと辛いシャケのメニューでした


おしまい。

ということで、コッツビューでこのホテルに泊まりたい人は、アンカレジのHAIしろくまツアーズに連絡すると良いでしょう。北向きの部屋からはオーロラも見れることがあるぞ。
[PR]
by 814690 | 2011-10-27 10:51

キノコ狩り

8,9月のベリー摘みが一通り終わったらキノコ狩りだ。最近は平野部に初雪が降るのが遅いので、10月最初の週末でも充分行けそうだ。


場所は秘密。



といってもこの時期になるとキノコはアンカレジ周辺にも結構ある。


うちの庭にもパフボールとかd0143907_4124057.jpg



d0143907_4244799.jpgインクキャップといわれる結構風味のあるキノコも生える。





アンカレジ均衡よりも温帯雨林地帯の森がたくさんある東南アラスカにはもっと多くのキノコの森があるだろう。

今回狙う獲物はシャントレイルと言う、スーパーで一袋10ドルくらいで売られている奴である。

天気がよい週末は人通りが多いことがあって、秘密のスポットを人に知られる可能性もあるので、小雨が降ってるような今日のような天気の方が都合がよい。森の中は大きな木々にさえぎられて、あまり雨が降っている実感はない。しかし一応雨具には身を包む。たとえ晴れていても、藪の中の灌木は湿っているのでズボンは防水に限るのだ。

見慣れたハイキングトレイルの脇に車を停めてトレイルを少し進み、すぐに藪の中に消える。

そこから先はまるで忍者のように目的のキノコを目指して右へ左へ歩きまわる。シャントレイルがどういう所に群生しているかがわかると、後はそこと似た場所を探せば大体見つけることができる。

森の中のキノコたちを紹介しよう。といっても私はキノコ専門ではないので名前は知らない。


d0143907_426018.jpg

ちょっと青く、子供のナニを連想するのや



d0143907_4265717.jpg

ちょっと勇気がいるけど、かじるとコショウのような味がするのや(赤いのは特にこわいからね)



d0143907_4273590.jpgあんなのや



d0143907_4283670.jpgそんなのや(向きが違う?)



d0143907_4291680.jpgこんなのや



d0143907_430233.jpgこれは絶対食べられるぞ、と思うけど良く似ているのもあるので、絶対に確かなものしか獲りません。(向きが違う?)



d0143907_43136100.jpgd0143907_431721.jpgこれらなんかはシャントレイルに似ているから間違えないように。



d0143907_4325247.jpgといってもシャントレイルは傘の裏のヒダヒダに特徴があるキノコなので、まず間違えはしないからかなり安心できる。



でも上から見ると他にも似たのがあるから注意。
d0143907_4331947.jpg




d0143907_4344288.jpgと言っているうちに小一時間もしたらかなりの収穫があった。

バスケットが雰囲気を醸し出す。



d0143907_4361488.jpgこれがウィンターシャントレイル、別名イエローフットといわれるやつ。ブラックフットというやつの方が高級なのだが、このあたりではイエローフットがたくさん見つかった。



d0143907_437432.jpg乾くとこうなる


これでもジップロックバッグ一袋で10ドルくらいで売っているので、小売値で考えると収穫は約60〜70ドルということろだろうか。


d0143907_4374319.jpgヘッジホッグという傘が超大型のキノコもシャントレイルのような風味のするキノコだ。茎の方を薄く切ると松茸を連想してしまうが、松茸のように香りは強くなく、やはり異国のマッシュルームという香りで、個人的な感想だが、私にはちょっとエロチックなにおいに思える。


これも群生しているので一か所での収穫だけで今回は十分としておく。後から獲りに来る人たちもまだいるだろうし、必要以上はとらないのが基本だ。

これらをスライスして、ざるやモチ網やラケットなどを総動員させて、家じゅうの暖房の通風口に置く。一晩でもかなり乾燥する

ウィンターシャントレイルは生でも食べられるが、火を通すと香りが増す。ワイン蒸しにしてからバター炒めにするという伝統的な方法なども効果的だ。


d0143907_4382915.jpgでも今日は疲れたのでそのままスープに放り込んでいただいた。


実益がある活動は充足感があって良いとしみじみ思う一日であった。
[PR]
by 814690 | 2011-10-04 04:46


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧