Masa安藤の「アラスカで独り言」



<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


アンカレジ歴史美術博物館の特別展示

d0143907_6311487.jpg
アンカレジ歴史美術博物館では、プラスチックによる海の汚染に関しての特別展示を2014年9月6日まで行っている。




d0143907_6302242.jpg世界には大きく分けると5つの「GYRE=還流」があって、日本では「旋回」と呼ばれているらしい。


d0143907_6322759.jpgそこでは人の捨てた
様々な人工物がゴミとして旋回しているという。





d0143907_6383721.jpg
それが原因で海の動物たちが死んでしまったり、海自体が汚染されると言うことを言っている訳である。

それらの人工物が分解されるのにはどれだけの時間がかかるかと言う表示(推測)がこれだ。

ペーパータオルは2〜3週間、紙パックは3ヶ月、スーパーの袋は10〜30年、発泡スチロール製のコーヒーカップは50年、アルミ缶は80〜200年、紙おむつやプラスチックのボトルは450年だと書いてある。

そして釣り糸は600年、ガラス瓶は一億年なのだそうだ。








d0143907_6524376.jpg2011年3月11日の震災についても展示されていて、青森県の道路脇から流れて来たプラスチックのポールが展示されていた。




ゴミを清掃しているチームのヒロイックな活動の動画も観賞したが、取り返しのつかない状況を見てかなり気がめいってしまったので、他の展示物を観賞する。




d0143907_744493.jpgおお、オーロラ製造機を発見!

これの大型を作ることができれば,いつでも好きな時にオーロラが見られるぞ・・・、なんて可愛いことを考えながらイマジナリウムという科学館の様な場所で憩いのひとときを過ごすのでありました。






















[PR]
by 814690 | 2014-02-13 07:09

先週末の超豪華オーロラ!!

フェイスブックの記事と被るんだけど、先週末のオーロラ、カメラの(インターバル撮影でなく)動画機能でも撮影できるくらい鮮明な光だったと言うことで、感激したお客さんがユーチューブにアップして送ってくれたぞ!

デジカメが出たばかりの頃はオーロラをコンパクトデジカメで撮れるなんてあり得なかったし、動画なんて普通のカメラでは撮影できませんでした。そしてNHKがハイビジョンカメラでオーロラの撮影をしていたのがつい数年前のこと。

家電のビデオカメラでオーロラ撮影ができるなんて驚きだ。初めて見ました。このオーロラもすごいけど技術の進歩ってすごい。

彼はフェアバンクス郊外とベテルスの両方に行ってどちらもすごかったと言っていた。英語の声がバックで聞こえるのは異国情緒があるなぁ・・・。と思って聞いていたけど,よ〜しゃべりはる、このお姉様。相当感激したんだな。

と思っていたら、実は2月7日がこの人の誕生日だったと言うこと。そらあすごい大自然の贈り物だぁ。

僕は5月が誕生日だから南極にでも行かないと,誕生日のオーロラには出会えないと思うけど、誕生日にこれだけの光のカーテンがお祝いしてくれるってのは超レアでしょう。うらやましい限りです。

では Enjoy!

http://youtu.be/tWizEh-uHec
[PR]
by 814690 | 2014-02-12 11:21

本年もオーロラ快調や〜

皆様明けましておめでとうございます。

もう2月になるのに何で,こんなに遅いねん。と思われている方も多いと思いますが、実は昨年10月23日にテレビ出演したのが気持ちよかったもんで、その記事がより多くの人の目に留まるように、敢えてブログを更新せんかったと言うことです。

ちなみにそのテレビ番組は『世界の果ての日本人〜ここが私の理想郷〜』と言うもので、その内容は下記のアドレスで見ることができるはずです。
https://www.facebook.com/photo.php?v=10200886205453280&l=9113921047600796863

で、それ以降あまり大きなニュースも無く本日まで来てしまいました。

もちろん自分的には数々の学びや、気づきや成長がありました。

それでもそれは自分の内面的なこと故、公に発表するような内容ではなく・・・。

小さなことはフェイスブックに発表してしまうため、なかなかブログネタにまでならないわけです。


d0143907_8482059.jpgそんな中、先日 リサ・マコースキー上院議員とミーティングを持つ機会があり、その後彼女のオフィスに行く機会を得、その時に「リサのシャケ」の写真を撮って来たので紹介しよう。

ちなみに彼女は震災後の陸前高田や福島を訪れた数少ない米国上院議員の一人である。




で、この写真が撮影されたのはソルドトナ、つまり彼女が抱えているのはキーナイ川のキングサーモンである。キーナイキングはでっか〜いのだ。

バンクーバー辺りではレッドサーモンの数が激減していると聞いているが、キーナイ川のレッドサーモンはここ数年すごい数が遡上して来ていて、もしかしたら海水の温度が上昇したのでシャケがより北の川で産卵するようになったのではないかと推測している。しかし、それにしてはキーナイ川へのキングの数が少ないのは何故なのか分からない。

もしかしたら地震などで海流や海底の様子が変わってしまい、キングサーモンが迷子になってしまったのだろうかとも考えている。

今年はキングがキーナイに沢山戻って来てくれることを強く祈っている次第である。
[PR]
by 814690 | 2014-02-01 09:03


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧