Masa安藤の「アラスカで独り言」



<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


今回のキングサーモンは魚ではなく町の名前


d0143907_12275298.jpg
キングサーモン、そしてその隣のナクネク村に行ってきた。




d0143907_1214065.jpgと言っても釣りに行ったのではない。キングサーモンと言う町に行って来たのだ。だからここがキングサーモンの宝庫かと言うと、レッドサーモン(ソックアイ)の方がすごい数来る訳だし、何故キングなのかは分からない。





実はキングサーモンという町は、カトマイ国立公園のブルックスキャンプに行くためのゲートシティなのだ。それなのに人々はここを通り過ぎるだけで、町自体には観光地と言える所も無ければ、市内観光や、ネイティブアラスカンの伝統的な生活や芸能を見せられる機会も施設も無い。

それでどうしたら良いかと言う話が始まり、そのための会議に私が招待されたと言うわけだ。



d0143907_1158392.jpgペンエアと言うローカルのプロペラ機(Saab)でアンカレジからキングサーモンへ,約1時間30分の空の旅。




到着後、ボランティアの女性に終日市内を案内してもらう。



d0143907_120019.jpg町のいろいろな人たちに出会い、職業訓練校、アラスカ大学ブリストルベイ分校を見学したり、カトマイ国立公園のレンジャーの所長さんに挨拶したり。



d0143907_12162279.jpgそして今回の会議で開発を考えられている場所(何にもありません)を訪れたり、なんか自分が重要人物のように扱われているぞ・・・。



夏とは違って11月はレストランが1軒も開いていないと言う事なので、町に一つだけあるスーパーで食料を買い、ホテルで食べる。



d0143907_12282663.jpgカトマイ公園の上空を飛行機で飛んでもらった。



キングサーモンから25km離れた隣町のナクネクと言う町からナクネク湖を左手に見ながら、レイクブルックスを目指す。





d0143907_1264439.jpgレイクブルックスからブルックスキャンプ上空へ飛び記念撮影。

ブルックス滝もキャンプも何とか見えるぞ!





ここで方向を変えて、一万本の煙の谷へ。





d0143907_1272296.jpg1912年の6月にノバルプタ山が大噴火し、周辺の様子をすっかり変えてしまったという。熊や鳥は灰にまみれたり埋まってしまったものも多く、シャケは遡上できなくなって、1917年まで戻らず、6月になって大発生していた蚊はほとんど全滅するというすごい事だったらしい。




そして当時この辺りに住んでいた「カトマイネイティブ」はナクネク町の川向こうに移動した。

(かなり揺れたので、写真がボケボケ)




d0143907_12291025.jpgブルックスキャンプは上空から現在の様子がうかがえた。これから2017年にかけてブルックスキャンプから川向こうのバス乗り場までプラットフォームが建設予定になっていると、ダイアン・チャン所長(スーパーインテンダント)が教えてくれた。

ちゃっかり記念写真を撮る。




d0143907_12213880.jpg会議は終日行われた。功労者の表彰もあり。




d0143907_12205380.jpg松浦教授のプレゼンもあった。最後には侍マッシャー・和田重次郎の事も話された。







実は彼とは関大の同期なのだと今回初めて知った。1年(1回生と我々は呼ぶが)の時はあの400人ぐらい入る大きな教室で部落解放問題の授業を取った時最初から教授が聴講している生徒に糾弾され、「大学の授業って怖いなぁ」とショックを受けたあの授業も一緒にとっていたらしい。それを今週末初めて知ったのだ。




しかし今後、このプロジェクトのリーダーシップは一体誰がどのようにしてとって行くのかが大きな課題となりそうな予感を抱いてキングサーモン空港を後にした。今後の展開に興味津々である。


外部からの搾取が激しいこの周辺のビジネス事情は充分把握できたし、何とかしてこの村が独自の方法で少しでも豊かな暮らしができるようになれば良いと願っている。
[PR]
by 814690 | 2014-11-20 12:33

10月は日本とアラスカ半分半分だったお話

10月は日本もアンカレジも季節的にはとても過ごしやすい。

ということでここ数年の秋の日本へのセールスは10月にしている。もちろん我が剣の師、故・亀井一雄先生の命日が10月初旬にあると言う事や、10月は剣道他のイベントが目白押しだと言う自分勝手な理由もある。



d0143907_841587.jpgまずは10月に入ってすぐ、アラスカ鉄道ビアトレインに乗車した。

黄葉に染まるターナゲン入り江の景勝道路に沿って延びる線路をアンカレジからポーテージまで往復する4時間の列車の旅だ。



d0143907_854478.jpg地元の地ビール会社と提携して、美味しいビールとうんまいごちそうがついている。

チケット発売後2日で売り切れてしまったという嘘の様な話にもうなずける。



d0143907_891129.jpg写真の腕が悪いのだが、景色の美しさは超絶。


d0143907_893615.jpg

もちろん氷河が遠くに見れたりもするし。




その日の晩にNHKの地球ラジオに生出演してオーロラの話をし、






d0143907_8215893.jpgでその5日後にデルタ航空の機上の人となった。

で、このビスコフと言うクッキーはうまかった〜。




d0143907_8234534.jpgシアトル着陸直前に、有名フィッシングロッジ、リバーソングロッジの新オーナー夫妻に偶然出会う。実は隣に座っていたのに飛行機を降りるまで気がつかなかったのだ。

ここで記念写真!娘のクローイーちゃんはいい男の前で恥ずかったらしい。あはははは。




デルタはオンデマンドの映画に最新のロードショーが多いのが魅力。機材も新しくなっていたし、CA
さんも若返っていたし(逆玉手箱を利用したのかもしれない)、全日空とのソフト面での差がかなり縮まっている気がする。

映画を見続けていたらあっという間にジャパ〜ン。




d0143907_8345714.jpgまずは神奈川県東西対抗大会を見学。

全日本の2年連続覇者、高鍋進選手のすぐ隣に我が剣友・水野 孝雄選手が座っているこのローカルぶり!



d0143907_8395495.jpgそして日本ならではの食のすばらしさも堪能。安いのにクオリティの高い回転寿しや、和風ファミレスはすごい。

もちろんアラスカの天然物のネタには比較できないけど、向かいの席に来たサーモンといくらの親子丼ぶりのクオリティもなかなかのもの。



d0143907_941978.jpg僕の頼んだ「手まり寿司」定食も相当のクオリティを持つ。



d0143907_8463980.jpg帰省するといつも立ち寄る江ノ島水族館前の「竹波」の刺身定食は、その日の朝仕入れて来た(または釣られた)新鮮な魚を出してくれるし(敢えて言えばご飯がもう少しうまいと満点になる)、



それに日本のデニーズはアラスカのそれより100倍良い。(写真なし)




d0143907_8491739.jpgで、今回のメインは武者修行だったので、箱根の合宿所まで電車を乗り継いで+徒歩で出かける。

JRで小田原についてから、箱根湯本まで小田急線に乗り、そこから箱根登山鉄道で風光明媚な景色を楽しみながら小涌谷まで行く。ただし土曜日の箱根登山鉄道は観光の家族連れやカップルで超満員。小涌谷で降りる人はほとんどいなかったが、そこから登山道を歩いて合宿所へ。合宿参加車中、徒歩での参加は僕だけだった。



d0143907_850560.jpg箱根にはこんなビールがあって、制限している自分でも稽古の後はどうしてものみたくなってしまう訳だ。




d0143907_8562690.jpgと言う感じで、大阪のビリケンさんにも挨拶してきた。

ちなみにアラスカにもビリケンさんがいるのだが、このビリケンさんはどこから来たのだろう。
アメリカの芸術家の創作とも言われているが、似た様なものは他の国にもあるのだろうか?




d0143907_8573757.jpgと言っているうちにアンカレジに戻り、子供のバンドコンサートやハロウィンなどのイベントで秋の10月が終わるのであった。

*アラスカの小学校や中学校では楽器を自分で選んで演奏できる。授業で教えてくれると言う事なのだ。トランペットやクラリネット、トロンボーンや子供の頃憧れたサキソフォンなど様々な管楽器とキーボード、木琴,鉄琴、ドラムにベースにエレキギターなどいろいろなチョイスがあるのだ。うっらやまし〜。

















[PR]
by 814690 | 2014-11-05 09:19


アラスカ生活mo30年! アラスカが大好きで、そのアラスカの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと願ってやまない男、しろくま代表:Masa安藤のブログです。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧